あなたの生活にちょっとした潤いを与えたい

森の知識の泉

スポンサードリンク




便利なサービス 食材宅配

食材宅配サービスのまとめ!メリットやデメリット、うまく使えない人の特徴も!

更新日:

スポンサードサーチ

食材宅配サービスのメリットって?

色々なメリットのある食材宅配サービスですが、具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか。

買い物に行かなくていい

1番のメリットと言えることが買い物に行かなくてもいいと言うことです。

夕飯の買い物に行くと軽く1時間ぐらいはかかりますし、お米を水など重いものを行家に持って帰るのも大変です。

そういった重いものを全て家まで届けてくれるというのは非常に大きなメリットです。

お野菜なんかも結構重いですよね、1度の買い物がかなりの重労働になると思います。

普段手に入らないものが手に入る

食材宅配サービスではご当地グルメや有機野菜など、近くのスーパーでは売ってないようなものも取り揃えられています。

どういったものがあるかというと、野菜を始めとしてお肉やスイーツなども取り扱っています。

たまに贅沢をしていいお肉屋限定のスイーツなどを試してみるのもいいかもしれません。

料理の時間短縮になる

食材宅配サービスの中でも夕飯宅配サービスは、食材がカット済みであったり調理済みのものを届けてくれるサービスがあります。

そういったものを利用すると夕飯の料理の時間が大幅に短縮になります。

またそういった時間の短縮だけではなく、料理が苦手な男性でも簡単においしいものを作ることが可能です。

誰でもおいしいものが作れる、これは非常に大きなメリットではないでしょうか。

無駄遣いが減る

スーパーに買い物に行くと、おいしそうなものがいろいろ並んでいます。

その中でもお菓子やおつまみなど、もともと買う予定ではなかったもののついつい買ってしまうと言う方も多いのではないでしょうか。

食材宅配サービスであればもちろん必要なものだけを注文することになるので、そういった無駄な買い物することがなくなります。

実際スーパーでは目当てのものを買い物に来たお客さんに対して、いかにいろいろな食材を買わせるかと言うことが戦略として取り入れられているので、その魅力にあらがうのはなかなか難しいものです。

あらがうための1つの手段としてスーパー自体に行かないと言うことが可能になります。

食材の安全性が高い

食材宅配サービスでは提供されている食材の安全性を保証していることが非常に多いです。

無農薬であったり有機野菜だったりなど、食材の安全性を売りにしてるところが多いからです。

離乳食にも使えるような食材を提供していたり、妊娠中の方でもう安心して食べれるような食材を提供しているので、安全性にはかなり力を入れている会社が多いです。

自分で料理をする場合は、安全性を自分で確認する必要もあり、また食材の産地であったり生産方法などを確認すると言うのは非常に手間です。

そういった安心安全な食材を手軽に購入することができるのは非常に大きなメリットでしょう。

食材宅配サービスのデメリットは?

便利な食材宅配サービス。しかしもちろんそこにはデメリットも存在します。

価格が高くなることがある

食材宅配サービスで手に入れる事ができる食材は少し割高になっていることがあります。

とは言うものの、「高くなることがある」としたのは、ほとんどの場合がスーパーなどの食材と同じくらいの価格になっているからです。

さらにスーパーでは独自のポイントカードなどもあるでしょう。そういったポイントはもちろんつきません。

支払いをクレジットカードにしておけば、クレジットカードのポイントは付きますが。。

また、食材の種類で高くなることがあります。

有機野菜などはまさにそうですね。

普通にスーパーにおいてあっても高いのですが、食材宅配サービスでも同様に高くなります。

健康志向の方や安全性を重視する方にはいいところでもあるのですが、「なんでもいいから安い方がいい」というかたは、商品の質の高さよりも価格が高いという所を見てしまう事になると思います。

配送料や入会金、年会費がかかる場合がある

さて、次もお金のお話。

有名所で話をすると、利用者がダントツ1位のコープデリでは1週間で194円の配送料がかかります。

これは子育て割などで相殺出来る場合もあるのですが、大体かかります。

9,000円以上買い物をすると無料になるのですが、9,000円は中々買えません。

大手のオイシックスなどだと750円の送料がかかります。

10回で7,500円と考えるとちょっと大きい金額ですよね。

こちらも8,000円以上の買い物で無料になります。でもやっぱり8,000円も1度では買い物しないです。

入会金や年会費に関しては、大地を守る会などだと月180円もしくは年1,000円。

このくらいであればまぁいいかなという値段でしょうか。

生活クラブとかだと場所によって年1,000円です。

他の所だと入会金は無料というところも多いですね。なので、入会金や年会費に関してはそれほど負担にはならない場合が多いです。

対応しているエリアしか注文できない

全国展開している食材宅配サービスも多いのですが、一番利用者の多いコープデリ・おうちコープは関東しか対応していません。

値段も送料も安く取扱商品も非常に多いので、コープデリを使いたいと思っても、関東に住んでいないと利用できないんですね。

基本的には大都市でないと対応出来ないというところはそこそこあります。

でも、先にも書きましたが、全国展開している食材宅配サービスも多いので、それを利用するのが良いかもしれません。

ただ、ネットスーパーのような「単純に商品を購入する」サービスは全国展開している所が多いのですが、「夕飯の料理の時間を短縮出来る」サービスは全国対応していない所が多いです。

大手ではわんまいるくらいでしょうか。

住んでいる場所で使えるサービスが異なるので、まずはグーグル様に聞いてみましょう。

嫌いなメニューの時がある

これは夕飯の食材を宅配してもらうサービスの時ですが、献立が決まっています。

献立を考える必要がないと言うのは、小学校の給食のように、毎日のメニューが予め決められていると言うことになります。

ただ、もちろんサービスなので、「◯日の献立を変えてほしい」と依頼すれば変更することは可能です。その際には特に料金を取られることもありません。

でも、人間は基本的に面倒くさがりな生き物。

何度も何度も献立を変えてもらうのも気がひけるというところもあり、そのうち連絡するのがおっくうになってきます。

そうなると、「嫌いなものでも我慢して食べるか」と言うことになるんですね。

しかし、実はこれはいい所でもあるんです。

食材宅配サービスは専門の栄養士が毎日の献立を考えて、それなりに高品質の原材料を使って作ってくれます。

なので、栄養面を考えると、提供された献立のままずっと食べ続けるのが健康には一番良いんですね。

揚げ物が好きだからといって、ずっと揚げ物ばかりを食べていたら身体にいい訳がありません。

たまには野菜や魚も食べないといけません。

大人になると、そういったことを周りが注意してくれることも無くなります。なので、嫌いな献立であってもそのままにすることをオススメします。

食材宅配サービスを10年使うとどれくらい得なのか

「食材宅配サービスは高い」という認識が多くあると思います。

そこで「食材宅配サービスを10年使うとどれくらい得になるのか」を考えてみたいと思います。

考える為の指標として、実際の料金は日本で一番利用者が多いコープデリ・おうちコープの夕食宅配サービスの値段で行います。

食材宅配サービスを使わない10年

夕飯にかかる料金を考えます。

材料を買って調味料を使って、大体1食あたり400円位でしょうか?

ここに買い物をする為の時間を入れます。

夕飯の食材だけではないのですが、買い物はみなさんしょっちゅう行くと思います。

「3日分まとめて」とか「1週間分まとめて」という方もいると思います。

ただ、献立を作る時間も合わせて大体一日1時間使っていると計算します。

「家事は労働じゃない」という意見もありますが、人間が自発的にやりたいと思って動いていることではない事が多いので、それはつまり労働に近いかなと。

という事で、時給は全国の最低賃金の一番安いところの値段位で考えます。

2017年現在、九州地方の737円が一番低いです。

計算しやすいように700円としましょう。

(一年365日 × 1食400円 + 一年365日 × 一日1時間 × 時給700円) × 10年
=(146,000円 + 225,500円) × 10年
=4,015,000円

大体10年で400万円位です。

食材宅配サービスを使った10年

同じ条件で計算します。
コープデリの副菜コース(主菜1品 + 副菜2品) の一人分の値段が500円ほど。 手数料が月200円

(一年365日 × 1食500円 + 手数料200円 × 12ヶ月) × 10年
=(182,500円 + 2,400円) × 10年
=1,849,000円

大体10年で185万円です。

つまり、差額としては

400万円 - 185万円 = 215万円!

10年で200万円以上も差が出るのです!

もちろん、夕飯の買い物や献立を考えるというのが労働じゃないというのであれば、この考えは変わってくるのですが、スーパーのレジ袋を2つも3つも持って家に帰ってくるって相当な重労働だと思います。

それを今後死ぬまでずっと続けなきゃいけない。

食材宅配サービスはそういった負担を減らしてくれます。

今回は単純に労働時間もお金にして計算したのですが、気がついた方もいるかもしれませんが、夕食にかかるお金の部分だけを切り取って見てみると一年間で

食材宅配サービスを利用しない場合 : 146,000円
食材宅配サービスを利用した場合 : 184,900円

その差38,900円
1ヶ月にすると 3,242円なんです。

3,200円払うことで毎日の献立を考える手間と、買い物に行かなくて良くなるという労働の開放を考えると、かなり大きいのではないでしょうか。

家政婦さんやメイドさんを雇うとなると、毎月10万円以上お金を払う必要があるでしょう。

でも3,200円です。

3,200円で代わりに買い物してくれます。

家まで持ってきてくれます。

なんなら調理もしてくれています。

もちろん、お皿に盛ったり、買うものを選別したりはする必要がありますが、それにしても大きなプラスのサービスと言えるのでは無いでしょうか。

利用する方にとって、何処が一番大事なのか。

3,200円というお金なのか。

それとも1ヶ月で30時間以上使っている買い物や献立を考える時間なのか。

使う使わないはあなた次第です。

食材宅配サービスをうまく使えない人の特徴

様々なメリットのある食材宅配サービス。

しかし、利用者から100%の満足を得ているかというとそういうわけでもありません。

とっても便利な食材宅配サービスなのに満足しない人は何故なのでしょうか?

使わなくなって月会費や年会費だけを取られる

どんなに便利なサービスも使わないと便利ではありません。

「食材宅配サービス」は、ネットや申込書で必要な物を注文することで初めて届けてくれます。

もちろん「夕食宅配サービス」は決まった献立の分を定期的に届けてくれるのでそういった事はないのですが、ネットスーパー系の「食材宅配サービス」は自分で商品を注文する必要があります。

そうなるとその注文自体がめんどくさく感じてしまい、徐々に徐々に利用しなくなってしまうということがあるようです。

食材宅配サービスは便利なサービスではあるのですが、大体の会社が月会費や年会費が必要となってくるので、利用しなくなってしまうと確かに月会費は年会費だけを支払うと言う事態に陥ります。

そのため途中で利用を止めてしまうと言う方がいらっしゃるようです。

どんなサービスも使い始めは使い方がわからず面倒に思うこともあるかもしれませんが、やはり使うための努力と言うものが必要になります。

2ヶ月3ヶ月と使ううちにどんどんそれが当たり前になってくるので、まず始めは頑張って便利なサービスを使うように心がけましょう。

飽きてしまう

「夕食宅配サービス」はメニューが色々と決まっているのですが、似たようなパターンになってしまうこともあります。

そうなるとどうしても飽きてしまいやめてしまうということがあるようです。

また会社にもよりますが量が足りない少ないと言うこともあるようです。

そういった小さなところから不満が募って、このサービス自体をやめてしまうと言うこともあるようです。

家族のわがまま

夕飯の食材を調達してくれる「夕食宅配サービス」

ですが、結婚している方など旦那さんが「今日はカレーを食べたい」や「ハンバーグを食べたい」と言うようなわがままを言ってくることがあります。

それに応えるために、せっかく送ってもらった食材を使わずに自分でスーパーに行って買い物した食材を使って、旦那さんの好きな料理を作ってしまうということがあります。

そうなると送られた食材はそのまま冷凍庫にしまってしまい、次の機会に使うと言うことになります。

しかしそういったことが続くと、どんどんどんどんと冷凍庫の中にストックとして溜まっていってしまい、結局「これは自分に合ってないサービスだったんだ」と判断して使わなくなってしまうということが言われます。

上記いくつか特徴を挙げてきましたが、このほかにもいろいろな理由で食材宅配サービスをうまく使えないと言う方もいっぱいいらっしゃるようです。

ですがどんなサービスでもそうですが、使い方によっては非常に便利に使うことも可能です。

食材宅配サービスの冷凍弁当は美味しくない?安全性はちゃんとあるの?

食材宅配サービスの中でも、大手のワンマイルなどでは冷凍されたおかず弁当配送してくれます。

そういった冷凍で送られてくる食材は、巷で言われているような美味しくなかったり安全性に問題があったりするのでしょうか。

2002年、中国で作られていた冷凍ほうれん草から有毒物質「クロルピリホス」が検出され、大きな問題となりました。

この事件から、冷凍食品に対して「安全性に問題があるのではないか」と考える人が非常に多くなったと思います。

しかし中国で作られているものはご存知の通り、かなりいい加減なものも多いです。

もちろん素晴らしいものを多いのですが、日本人にはあまりイメージがないことも確かです。

さて、実際に夕飯宅配サービスなどで使われている冷凍弁当は安全性はどうなのでしょうか?

食品添加物

冷凍食品には添加物が多く、体に悪影響与えるものが多いと言われています。

実際、食品添加物は食品の安全性を高めるために使われているものではあるのですが、人体に有害なものが入っている場合ももちろんあります。

しかしワンマイルを代表する冷凍おかず弁当の場合、添加物の使用を制限しているところが多いです。

添加物を使うことで保存性をあげたりするのですが、添加物を使わない場合は一体どうやって保存性を上げているのかと言うと、基本的には急速冷凍技術で保存性を上げています。

調理をしたすぐ後に急速冷凍することにより、食品の腐敗や菌の繁殖を防ぎ安全な食品になっております。

とは言え、全く使っていないと言うわけでは無いのですですが、スーパーで売られているような食品にも添加物が含まれているため、冷凍食品だけに使われていると言うわけではないのです。

冷凍された食材は美味しくない?

冷凍すると食品の質が悪くなったり、栄養がなくなるとよく言われますが実はそんなことはありません。

先程も言いました急速冷凍技術により、食材宅配サービスなどで使われる冷凍おかず弁当は食材の細胞を壊すことなく急速に冷凍されます。

急速冷凍ではなかった場合は食材の細胞が破壊され美味しくなくなることが多いのですが、夕飯宅配サービスの冷凍おかず弁当は非常に美味しく食べることができます。

また食品も傷んでないので、栄養素等が破壊されていると言うこともありません。

なので通常の食事と同じように栄養も取ることができますし、味もとてもおいしいです。

まとめ

冷凍食品と言うと安全性に問題があったり、美味しくないと言うような評価を受けることが多いですが、スーパーに置かれているような冷凍食品もとてもとてもおいしいものが多いです。

夕飯宅配サービスでは、美味しさも非常に大きな指標となるため各社すごく力を入れて作っています。

なので安全性や、おいしさに関しては心配せずに利用することが可能です。

また、夕食宅配サービスのおかず弁当の場合、1品ずつ個別になっていることも多いのでいろいろなアレンジをすることも可能です。

例えばハンバーグであればキャベツと目玉焼きを加えてロコモコにするとか、とんかつだったら、卵で閉じてカツ丼にするなども簡単にできます。

いろいろな可能性を秘めている冷凍おかず弁当ぜひ試して、あなた好みの夕食をお楽しみ下さい!

Sponsored Link



Sponsored Link



-便利なサービス, 食材宅配
-, , , , ,

Copyright© 森の知識の泉 , 2019 All Rights Reserved.