あなたの生活にちょっとした潤いを与えたい

森の知識の泉

スポンサードリンク




ニュース 感想 映画

名探偵ピカチュウのネタバレ感想!ストーリー・他のポケモン出演は?

投稿日:

名探偵ピカチュウ

世界的に人気のゲームとなったポケットモンスター。その中で一番有名なポケモンであるピカチュウがなんとハリウッドデビューを果たしました!

映画の名前は「名探偵ピカチュウ」

2016年に実際にゲームとして発売された内容がモデルになっていますが、いったいどんな映画なのでしょうか?

5月3日から公開された映画なのですが、早速見に行ってきました!

スポンサードサーチ

映画名探偵ピカチュウ

名探偵ピカチュウ

かつてポケモンのことが大好きな少年だったティム(ジャスティス・スミス)は、ポケモンに関わる事件の捜査へ向かったきり、家に戻らなかった父親・ハリーとポケモンを、遠ざけるようになってしまった。それから年月が経ち、大人になったティムのもとにある日、ハリーと同僚だったというヨシダ警部補(渡辺謙)から電話がかかってくる。「お父さんが事故で亡くなった―」。複雑な思いを胸に残したまま、ティムは人間とポケモンが共存する街・ライムシティへと向かう。荷物を整理するため、ハリーの部屋へと向かったティムが出会ったのは、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す、名探偵ピカチュウ(ライアン・レイノルズ)だった。かつてハリーの相棒だったという名探偵ピカチュウは、事故の衝撃で記憶を失っていたが、一つだけ確信をもっていることがあった……。「ハリーはまだ生きている」。ハリーは何故、姿を消したのか? ライムシティで起こる事件の謎とは? ふたりの新コンビが今、大事件に立ち向かう!

引用:名探偵ピカチュウ公式サイト

可愛すぎる実写のピカチュウですが、中身はコーヒー好きのおっさんになっていました!

尚、キャストの中には俳優の渡辺謙さんもおり、たくさんのハリウッドスターが映画の中で「ポケモンポケモン」と言っているのが妙に印象的でしたw

他のポケモンの出演は?

映画名探偵ピカチュウで出演するポケモンですが、Wikiでは下記となっています。

ピカチュウ
リザードン
コダック
フシギダネ
ルンパッパ
ネマシュ
カイリキー
ガーディ
ウインディ
ゼニガメ
カメックス
バリヤード
ゲッコウガ
ベロリンガ
エイパム
ゴルーグ
ドゴーム
エモンガ
ブースター
プリン
ブルー
ゲンガー
バチュル
ディアルガ
パルキア
ギラティナ
ミュウツー
この他、7世代までのポケモンが登場。

引用:Wikiペディア「名探偵ピカチュウ (映画)」より

映画の中では至る所にポケモンポケモンで、「こういう世界だったら楽しいだろうなぁ」と感じるファンタジー世界でした。

ネタバレ!ストーリー

以下はストーリーのネタバレです。

「映画を見ることは出来ないけど内容は知りたい!」という方のみ読んでくださいね。

名探偵ピカチュウストーリー 序盤

名探偵ピカチュウ

映画は捕獲機の中に閉じ込められているミュウツーから始まる。

突然捕獲機に異常が起き、ミュウツーが脱走してしまう。

そして脱走したミュウツーは空を飛び、1台の車を吹き飛ばす。

場面は変わって舞台は人とポケモンたちが共存している街「ライムシティ」。警察署からの呼び出しを受けたティムは警察署に行く。するとヨシダ警部補から父である探偵のハリーの死を告げられる。

父のアパートの鍵を貰ったティムはアパートを訪れる。するとそこにいたのはハリーの事故死を不審に思う新米記者のルーシー。

ルーシーはティムにハリーの死について何を知っているかと聞かれるが、何年もあっていなかったことを伝える。

ティムは以前ハリーに呼ばれて一緒に暮らそうといわれたのだが、一度自分を捨てた父を許すことが出来ず拒み、ずっと祖母と暮らしていた。

父のアパートに入るティム。そこでRというポケモンを狂暴化させるガスを見つける。そしてそのガスを吸ってしまうティム。

さらにアパートの一室にはやたらとおっさん臭い記憶を失ったピカチュウがいた。言葉を話すはずがないポケモンだが、ティムは何故かピカチュウと会話をすることが出来た。

ピカチュウは父のパートナーであり、失踪した父を探すという。ティムは父は死んだことを伝えるが、ピカチュウは父は死んでいないという。

情報を得るべくヨシダ警部補の所へ行くと、父の車の事故映像を見せられる。この大事故で命があるとは思えない。

違法のポケモン闘技場でも聞き込みを続けるティムとピカチュウ。流れでピカチュウが戦うことになるが、記憶を失ったピカチュウは10万ボルトなどの技を出すことが出来なくなっていた。

ハリーにRの出所の調査を依頼していたというライムシティの市長に呼び出されたティム。そこで父の事故の再現映像を見せられる。

ミュウツーが一台の車を吹き飛ばし、その車から這い出てくる父とピカチュウ。そしてミュウツーがやってきてピカチュウから記憶を削除し、生きて車から脱出た父を連れ去る映像だった。

市長は「父の行方を調べるんだ」といい、ティムは父が生きていることを確信する。

名探偵ピカチュウストーリー 中盤

名探偵ピカチュウ

ルーシーが入手したポケモン研究所での事故の記録から研究所を調べることにしたティムとルーシー。研究所では違法なポケモンの実験が繰り返されていた痕跡が多数残っていた。

ティムとルーシーはミュウツーが囚われていた捕獲機の残骸の場所へとたどり着き、そこで当時の記録映像を見、ミュウツーが脱走した事実を知る。

その時、研究所が何者かに遠隔操作され、まだ捕獲され続けていた実験ポケモンたちが研究所に解き放たれる。そのポケモンたちに襲われるが何とか逃げ出すティムとルーシー。しかしその途中にピカチュウが怪我をしてしまう。

心が繋がり始めていたティムとピカチュウ。ティムは周りのポケモンに大事なパートナーを助けてほしいと願う。すると周りのポケモンがある場所へと誘う。

誘われるままにピカチュウを担いでいくティム。ポケモンたちが指示した場所にピカチュウを置くと、そこに現れたのはミュウツー。なぜかミュウツーはピカチュウを治療してくれた。

そしてピカチュウと一緒にミュウツーが脱走した際の映像を見ることになる。ミュウツーの捕獲機に異常が出た時、その異常を起こしていたのはピカチュウだった。

しかしそこで市長の息子がミュウツーを捕獲して去って行ってしまう。

 

記憶が無いピカチュウは自身がティムに危害を加えてしまうとティムから離れる。そして一人になったピカチュウだが、ふらふらと歩いていると車の事故現場に到着する。

そこでなぜか別のポケモンが攻撃した痕跡を見つける。

それを見て、車を攻撃したのはミュウツーではないことを悟る。むしろミュウツーは車を攻撃してきたポケモンから車を守ろうとしてくれていた。しかしそれが間に合わずに車は事故をおこした。

市長が見せた映像と異なる事実に気が付く。何故市長は嘘の映像を見せたのか。。

 

ティムは市長のもとへ息子がミュウツーを捕獲したことを知らせに戻る。しかし頭に機械を付けた市長はそれで問題ないという。

ティムの目の前に現れる捕獲されたミュウツー。

Rを吸い込んだポケモンは錯乱状態に陥る。しかしミュウツーはその錯乱状態のポケモンに人間の魂を移すことが出来ることを説明する。

そして車いす状態になってしまった自身を頭に機械を付けたミュウツーに移らせる。

市長はもともとミュウツーの体を狙っていたのだ。

名探偵ピカチュウストーリー 後盤

名探偵ピカチュウ

街ではポケモンの盛大なパレードが行われようとしていた。たくさん浮かんでいるアドバルーン。

しかしその中身はすべてRだった。

市長は全ての人類をポケモンと融合させようと街中にRをばらまき、ミュウツーの能力で人間の魂をポケモンに移していった。

それをさせるかと戦い方を思い出したピカチュウが戦う。

 

市長の部屋では息子がクローゼットに閉じ込められていたことがわかる。そして息子に化けていたメタモン。

ティムは市長の頭から機械を取り外そうとするが、市長がそれに気付き、メタモンにティムを殺そうと指示する。

懸命に戦うピカチュウにより市長の注意がティムから外れる。そしてなんとかメタモンを無力化し、市長の頭から機械を外すことに成功するティム。

外された瞬間にミュウツーから意識が戻される市長。

名探偵ピカチュウストーリー ラスト

名探偵ピカチュウ

意識が正常に戻ったミュウツー。ポケモンに魂が映ってしまっている人間もすべて元に戻してくれた。

そこで「最後にもう一つやらなければいけないことがある」というミュウツー。

事故現場の映像が映る。

事故によって怪我を負ってしまったハリー。ミュウツーは一時的にピカチュウにハリーを移すことで二人を助けようとした。

そしてそれまで体はミュウツーが預かっておくこととした。

そしてピカチュウの中に移っていたハリーの魂が戻される。

自分を捨てたと思って許さなかった父だが、父のアパートには自分をずっと愛してくれていた痕跡がたくさんあった。

別れの時間になり、ティムに列車のチケットを渡すハリー。

列車に乗ろうとするティムだが、ハリーに質問する。

「一緒にいてもいいかな?」

言葉をしゃべれなくなったピカチュウとハリーとティムの三人暮らしが始まる。

 

映画名探偵ピカチュウを見た感想

名探偵ピカチュウ

まず、映画のタイトルに「ポケモン」「ポケットモンスター」という文字が入っていないのですが、その意味通りこの映画はピカチュウの映画でした。

ポケモンのアニメの世界感は全くなく、もちろんポケモンバトルもないし、ポケモンをゲットするような要素もありません。

ただ、リアルの世界にポケモンが普通に存在していて、人間と一緒に普通に生活しています。

そんな世界で起こる、どちらかというと人間の世界の問題を主人公のティムとピカチュウが立ち向かっていくという感じでした。

かなり面白く見ることは出来たのですが、一つだけ言いたい。

探偵はどこ行った?

ピカチュウが推理したりするシーンは全くありませんでしたw

ハリウッドらしいといえばらしいのですが、アクションシーンがものすごかった。しかし、タイトル「名探偵ピカチュウ」はちょっとおかしいですねw

 

あとストーリーは記憶を思い起こしながら書いたため、つたない文章ですいません。。。

最後に

たくさんのポケモンが普通に暮らしているまちで起こるドタバタアクション。ポケモン好きであれば憧れの世界ではないでしょうか。

是非お子さんと見に行ってみて下さいね!その際は「吹き替え版」にすることをお忘れなくw

Sponsored Link



Sponsored Link



-ニュース, 感想, 映画
-, , , , , ,

Copyright© 森の知識の泉 , 2019 All Rights Reserved.