あなたの生活にちょっとした潤いを与えたい

森の知識の泉

スポンサードリンク




テクニック 便利なサービス

車酔い・子供の対策!症状と原因から対処法を考える!

更新日:

こんにちは!泉です。

小さなお子さんがいる家庭では車が必須ですが、その子供が車酔いになってしまうという話をよく聞きます。

特に子供は大人に比べて車酔いしやすいので、旅行やちょっとした遠出の計画があると心配ですよね。

そこで子供の車酔いの原因や症状について調べていたのですが、劇的な対策方法を見つけたので、最後に皆さんにシェアしたいと思います!

これで子供の車酔いを気にせずにお出かけ出来るようになりますよ^^(効果は人に寄りますので、100%ではありません。その点ご了承ください。)

スポンサードサーチ

子供の車酔いの原因は?

車に乗るとすぐに気持ち悪くなってしまう子もいれば、しばらくしてから吐き気を訴えてくることもあります。

そもそも車に酔う原因は、目の動きや三半規管から体が感じ取る、自身の周りの世界の変化に対応できなくなったもの。情報量が多すぎて脳が処理できなくなってしまい、不快に感じて吐き気やめまいを起こしている症状の事を言います。

普段私たちが生活している環境では、じっとしていると自分に入ってくる情報量は大分少なくなります。

また、目をつぶっても情報量はかなり少なくなります。

車に乗っていると常に振動で動き続けているため、体に感じる情報量が多くなってしまい、それが未発達の脳(脳の中の小脳部分)に負担をかけて酔ってしまうんです。

20歳を過ぎると小脳が完成されるため、かなり乗り物に酔いにくくなります。

ですが、逆に0歳から3歳は小脳が未発達すぎるため、乗り物酔いにはなりません。むしろ車の揺れが心地よいと感じて眠ってしまうことが多いです。

赤ちゃんが泣き止まない時などはドライブが効果的という話はよく聞きますね。

車酔いさせないポイント

いくつか車酔いさせないポイントがあるのでまとめました!

酔わない(酔いにくい)車内の場所

具体的な場所としては後部座席の真ん中が良いのですが(タイヤから一番距離があるため)自家用車の場合はどこに座ってもほとんど変わりません。

その中で酔いにくい場所は実は助手席です。

助手席は運転席の次に外がよく見えるので、自分に入ってくる情報を予測することが簡単です。

車が右に曲がるときに「これから右に曲がるな」とわかって曲がるのと、何も知らずに曲がるのでは車酔いの度合いが違います。

ただ、4歳から6歳のお子さんの場合はそもそも外を見ないこともあるため、座る場所はそこまで考えなくても良いです。

酔い止め薬を服用する

4歳以上のお子さんであれば酔い止め薬を服用する事も効果的です。

あらかじめ決まっている旅行などの場合は、酔い止め薬を準備してあげるのが良いですね。

ただ、酔い止め薬の欠点として、事前に毎回飲まなきゃいけない上に、毎回飲ませるにはちょっとお高いんです。

12回分で1,000円位。一度購入して、切れてしまったら中々次を購入することが出来ないようです。

車内の匂いが結構重要!

車の中は掃除をしていますか?

ずっと前にこぼしたお菓子がそのままになっていたり、不潔な環境では社内の匂いが子供に悪影響を与えることがあります。

半年や一年に一度は社内の大掃除をして、出来るだけ清潔に保ちましょう。

子供の車酔いに効果てきめん!ペパーミント!

毎回ひどく車酔いをするお子さんを持っている親御さんから伺ったのですが、びっくりするほど効果があったのがアロマオイル。

アロマオイルってかなりの数の種類があるのですが、その中でもペパーミント系の匂いが吐き気を抑える役目を持っています。

そのため、車内にペパーミント系のアロマオイルの香りを漂わせるか、ハンカチなどで匂いを嗅ぐようにするとかなり即効性が高く効果が期待できます。

車の中で使うアロマ用の道具もあるのですが、まずはコットンなどに1滴たらして、それをハンカチで包んでお子さんに持たせてあげてください。

そして、「気持ちが悪くなったらこの匂いを嗅ぐと気持ち悪いのがなくなるよ」と教えてあげます。

「大丈夫になる」という言葉で「これがあれば大丈夫なんだ」と思い込ませる部分もあるのですが、物理的にペパーミントが吐き気を抑えてくれるので、子供も信用してくれてより効果を発揮してくれます。

ただ、ペパーミント自体は少し香りがきついので、お子さんが使用する場合はほかの柑橘系のアロマなどとブレンドされたものを利用することをおススメします。

私のおススメはパステルグリーンミント!(写真のやつ!)とてもさわやかで心地よい香りがします^^

10mlで1500円位しますが、一度の利用量が1滴なので1本買えば相当長く利用することができますよ。

まとめ

楽しいお出かけも、お子さんの具合が悪くなってしまうと台無しです。

酔い止め薬は長時間効いてくれますが、即効性はあまりありません。

そこでアロマオイルを利用すると、びっくりするくらいすぐに気持ち悪さがなくなります。

是非試してみて下さいね^^

Sponsored Link



Sponsored Link



-テクニック, 便利なサービス
-, , , , , ,

Copyright© 森の知識の泉 , 2019 All Rights Reserved.