あなたの生活にちょっとした潤いを与えたい

森の知識の泉

スポンサードリンク




ニュース

新入社員の6月病の原因は?症状と対処法についてのまとめ!

更新日:

スポンサードサーチ

話題になっている6月病。あなたやあなたの部下の新入社員は大丈夫?

昔からよく聞くのは5月病。でも今は6月病が主流になっているようです。特に新入社員の方に6月病にかかる人が多くいるようで、去年も6月にどんどん症状が発症し、その対処に大変だったという声を聞きます。

今日はそんな6月病にあなたがなる前に、もしくはあなたの部下の新入社員の方が6月病になってしまった時の対処法をまとめてみたいと思います。

去年大流行した6月病とは

6月病とは5月病と同様に医学用語ではありません。

なので、正式に病気の名前というわけではなく、六月に体調不良になったり憂鬱になる人が多いので六月病と呼ばれるようになりました。

医学用語としては、適応障害、うつ病、パーソナリティー障害、発達障害などと言われます。

昔は五月になることが多かったそういった症状がなぜ六月に発症するようになったのでしょうか。

六月病の原因

いくつかの原因があると言われていますが、大きな原因としては次の三つです。

環境

七月に入社した人が五月のゴールデンウイークまで頑張り、ゴールデンウイークで英気を養ってもうしばらく頑張ろうとなって、六月に入って祝日がないことに気がつき一気に憂鬱になります。

また、初めて社会人になってから2カ月で疲労もたまっており、多くの会社である新人研修なども終わり本格的な現場作業が始まるころ合いです。

そのストレスも相まって精神的な疲労がたまるということになります。

長年勤めていた人には当たり前なのですが、「朝起きて会社に行く」それがとてもとても辛くなります

性格

六月病にかかる人の性格で共通している所があるといわれています。

それは「努力家」「責任感が強い」「几帳面」といった性格。

ただし、それ以外の人も最近は六月病にかかることが多いと言われています。

基本的に小さなことを気にしないような人はかかることがない病気ではあるのですが、ちょっとした責任感、少しのプレッシャー、わずかな人間関係の隔たり、そういった所から六月利用発症させることが多いと言われています。

一人で抱え込んですべてをしようというのではなく、あまり気負いすぎずに周りの人に助けてもらうようにしましょう。

季節

六月といえば梅雨です。むしむしじめじめする季節でもあり、ただでさえストレスがたまりやすい季節です。

そういったストレスも原因の一つでもあるのですが、人間の生理学で言うと人は環境の変化に弱い生きものであると言われています。

六月は梅雨でもあるのですが、春から夏への季節の変わり目です。

そういった環境の変化も引き金になり、さらに低気圧によって片頭痛や関節痛が起こり、なお憂うつな気分になる。

という悪循環に陥る人が多くいます。五月が過ごしやすい季節であればある程、六月の季節の変化で体調を崩したり精神的に病んでしまったりすることになります。

六月病の症状は?

六月病の症状として以下のような症状があげられます。

  • 気分がすぐれない
  • 体調不良
  • うつ症状
  • やる気が起きない
  • 感情や衝動をコントロールできない
  • 動機やめまいがする
  • 吐き気
  • 手足の震え
  • あまり眠れない

基本的にうつ病やパーソナリティ障害、パニック障害の症状が出てしまいます。

周りから見ると何でもないように見えることも多いのですが、本人はとても苦しい病気です。五月病や六月病は本人にも原因が分からないことが多いのですから。

六月病の対処法は?

六月病ですがかかってしまうととてもやっかいな病気です。そのため予防がとても大切になります。

六月病の予防にはまずストレスをためないこと。

これが一番大事です。

以下に予防のポイントをまとめます。

趣味をつくる

あなたに趣味があるのであれば、その趣味の時間をきちんと取ることをおすすめします。また、趣味がないのであれば、趣味を作る努力をしてみましょう。

継続的にやるような趣味と言われると難しいかもしれませんが、特にやることがないというのであれば例えばこの週末に温水プールに行ってみてはいかがでしょう。

全国いろんなところにあるのできっとあなたのお家の近くにもありますよ!「一人でプールはちょっとなぁ」と言うのであれば、映画館に行って映画を見てみましょう。

あるいは少し足をのばしてちょっと大きな繁華街がある駅まで出向き、雑誌に載ったことがあるようなお店のおいしいものを食べに行く。でもかまいません。

運動をする

大人になると運動がとても億劫になりますが、体動かすことはとても大事です。

体を動かすまでにとてもエネルギーを使いますが、実際に動かしてみるととても気持ちいいですよ!六月病で精神を疲労してしまうと回復するのにとても時間がかかりますが、肉体的な疲労はすぐに回復できます。

体がだるい、しんどい、動きたくないという場合、いっそのこと1時間ぐらいウオーキングして、できるのであれば1時間ぐらいジョギングして、そのあとお風呂につかる。

そうすると体にも精神にもとてもプラスに働きます。

最近筋肉痛を感じましたか?あなたの体はどれぐらい運動不足なのでしょうか。

ちょっと頑張って運動してみると、心も体も喜びます。

規則的な生活を送る

夜遅くまで夜更かしをしてしまい、朝は会社に行かなきゃいけないから早く起きる。

そういう寝不足の生活を続けていると、もちろん体に良くありません。

不規則な生活をしていると人間が本来持っている体内リズムが狂ってしまい、眠い、だるい、しんどいといった症状が出やすくなります。

心にも体にもよくないので、できるだけ規則的な生活を送りましょう。

また、寝る前のスマートフォンやタブレット端末の利用も睡眠の弊害となることがあるのでほどほどに控えましょう。

六月病になってしまったら?

六月病は医学用語ではりません。なので正式な病名というわけでもありません。

しかし、六月病になってしまったと思ったら迷わず病院に行って診察を受けましょう。

体の不調は見られなくてもきっとあなたの心はボロボロです。これは六月病かもと思ったら、精神科もしくは心療内科での診療を受けましょう。

6月病の意外な改善方法!食事で変わる!

私が以前うつ症状を発症した時の実体験に基づくことなので、そこまで大きな根拠が無いのですが、自分ではてきめんに効果のあった方法ですので、シェアしたいと思います。

その方法とはシンプルに「食事を変える」です。

何となく体がだるいなということがずっと続いていたのですが、そんなある日にちょっと太ってきたのでダイエットを始めようと思い、大量に野菜を食べるようになりました。

そうして1週間ほどたったころ、体がとても軽いことに気がついたのです。

何となくのだるさも抜けていたので気分もかなりさっぱりしていました。

あなたがもしも軽いうつ症状や、ちょっとしただるさを毎日抱えているのであれば野菜中心の食事にすることをお勧めします。

たった1週間で結構変わりますよ!

Sponsored Link



Sponsored Link



-ニュース
-, , , , ,

Copyright© 森の知識の泉 , 2019 All Rights Reserved.