食材宅配サービスの冷凍弁当は美味しくない?安全性はちゃんとあるの?

食材宅配サービスの冷凍弁当は美味しくない?安全性はちゃんとあるの?

食材宅配サービスの冷凍弁当は美味しくない?安全性はちゃんとあるの?

食材宅配サービスの冷凍弁当は美味しくない?安全性はちゃんとあるの?

 

食材宅配サービスの中でも、大手のワンマイルなどでは冷凍されたおかず弁当配送してくれます。

 

そういった冷凍で送られてくる食材は、巷で言われているような美味しくなかったり安全性に問題があったりするのでしょうか。

 

2002年、中国で作られていた冷凍ほうれん草から有毒物質「クロルピリホス」が検出され、大きな問題となりました。
この事件から、冷凍食品に対して「安全性に問題があるのではないか」と考える人が非常に多くなったと思います。

 

しかし中国で作られているものはご存知の通り、かなりいい加減なものも多いです。
もちろん素晴らしいものを多いのですが、日本人にはあまりイメージがないことも確かです。

 

さて、実際に夕飯宅配サービスなどで使われている冷凍弁当は安全性はどうなのでしょうか?

 

食品添加物

冷凍食品には添加物が多く、体に悪影響与えるものが多いと言われています。

 

実際、食品添加物は食品の安全性を高めるために使われているものではあるのですが、人体に有害なものが入っている場合ももちろんあります。

 

しかしワンマイルを代表する冷凍おかず弁当の場合、添加物の使用を制限しているところが多いです。
添加物を使うことで保存性をあげたりするのですが、添加物を使わない場合は一体どうやって保存性を上げているのかと言うと、基本的には急速冷凍技術で保存性を上げています。

 

調理をしたすぐ後に急速冷凍することにより、食品の腐敗や菌の繁殖を防ぎ安全な食品になっております。
とは言え、全く使っていないと言うわけでは無いのですですが、スーパーで売られているような食品にも添加物が含まれているため、冷凍食品だけに使われていると言うわけではないのです。

 

冷凍された食材は美味しくない?

冷凍すると食品の質が悪くなったり、栄養がなくなるとよく言われますが実はそんなことはありません。

 

先程も言いました急速冷凍技術により、食材宅配サービスなどで使われる冷凍おかず弁当は食材の細胞を壊すことなく急速に冷凍されます。

 

急速冷凍ではなかった場合は食材の細胞が破壊され美味しくなくなることが多いのですが、夕飯宅配サービスの冷凍おかず弁当は非常に美味しく食べることができます。
また食品も傷んでないので、栄養素等が破壊されていると言うこともありません。

 

なので通常の食事と同じように栄養も取ることができますし、味もとてもおいしいです。

 

まとめ

冷凍食品と言うと安全性に問題があったり、美味しくないと言うような評価を受けることが多いですが、スーパーに置かれているような冷凍食品もとてもとてもおいしいものが多いです。
夕飯宅配サービスでは、美味しさも非常に大きな指標となるため各社すごく力を入れて作っています。

 

なので安全性や、おいしさに関しては心配せずに利用することが可能です。

 

 

また、夕食宅配サービスのおかず弁当の場合、1品ずつ個別になっていることも多いのでいろいろなアレンジをすることも可能です。

 

例えばハンバーグであればキャベツと目玉焼きを加えてロコモコにするとか、とんかつだったら、卵で閉じてカツ丼にするなども簡単にできます。

 

いろいろな可能性を秘めている冷凍おかず弁当ぜひ試して、あなた好みの夕食をお楽しみ下さい!